30代から肌の回復がどんどん遅くなっていくから体内改善も重要!

30代を超すと、少しでも夜更かしをすると次の日の朝は顔がむくんでなかなか戻らなくなりました。目の下も真っ黒になってコンシーラーでもかばいきれないクマががっつりとできてしまうようになりました。
肌もくすみがちで、ファンデーションを重ねるとよれやすくなって鏡を見たくなくなります。

保湿を心がけて、ニベアのクリームをお風呂上りに塗ったり化粧水や乳液を重ね塗りするようになりました。香料の少ないもの、添加物の少ないものを使うようになり、保湿すればしただけ結果が出る感じになってきたかもしれません。
私は乾燥肌なので、油断しているとすぐに皮膚が乾いてきます。

ハンドクリームも、顔につけても問題ない、赤ちゃんが口に入れても大丈夫なものを選んで使っています。
もともとアトピーだったので皮膚科に行くと処方してもらえるクリームなのですがとても優秀で、これを塗った日には肌がつやつやしていてファンデーション要らずになれます。
目の下のクマが大きいとことさら老けて見えてしまうので、なるべくクリームを塗る際に指先を温めてからそっと血行が良くなるようにマッサージを心がけています。
そのほかにも肌のくすみを軽減させるために耳たぶを上下に引っ張って血行を促進させたり、あごから耳にかけてのフェイスラインを人差し指でマッサージしてリンパの流れをよくするように努力しています。
それでもどうしても皮膚の状態が悪い時には一時的な応急処置ではなく、ビタミンを含む果物を食べてコラーゲンを摂取して体の中から改善するように努めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です